« 麻生さん 首相の立場で靖国神社に参拝するべきです | トップページ | 民主党よ 今までの年金の掛け金を全部返しえちょうだい »

大統領制にでもしない限り ええ加減な嘘つきマニフェスト書いた党が勝ちになる

オバマちゃんは、シナに尻尾ふりふり。国債を買ってくれる大旦那に

対して何も言えない。アメリカは変節した。もっともせざるをえない条

件が増えたのでしょうけど。アメリカのチェンジをさもええことのように

書き連ねているマスゴミだが、日本にとって良いのか悪いのかとい

う観点が抜け落ちている。

国損は必死で推奨するのだが、国益に向ける脳細胞はない。世界

の田舎者のような民主主義的考えであって、井戸の中のカエルが

ぴょんぴょんとはねまわっています。

               *

『米が株の空売り規制を恒久化  証取委、現物義務付け』

(7月28日、共同) こんな制度などいかがなものかと思う。株価はそ

の企業に対する世間の評価です。実力よりは今の株価が高いからカ

ラ売りをしたいと思うのがあってあたり前。

投資なのだから現物を買えと限定するのはへんてこりん。

下げたくないからと苦心しているのだろうが、業績が上がれば当然

上がる。妥当な評価は市場に任せるべきです。でないと病根を排除

するのに遅れ、悪い症状がより悪化する原因になりかねない。

               *

自民党のマニフェストも出揃い、当然ながら選挙まで姦しいことにな

ります。10年後には家庭の所得を今より100万円あげると自民党

は書いている。「10年後に党があるのかどうかもわからないのにホラ

を吹くのは許せない」とマスゴミ子飼いの芸コメが喋ってました。

               *

マニフェストは政権を担当する4年間という期間に限って政策目標を

掲げよになっています。なるほど、さもアリラン。それはそれとして、

各党には年限を区切らない党是とする政策がある。本来ならばそれ

を見据えた上で目先のマニフェストを評価しないと、こんなはずでは

なかったと有権者は裏切られることになります。

               *

今に限らず朝日るマスゴミはいついかなる選挙においても、目先

の景気、貧乏をネタに各党に政策付けを強要する。国叩き保守叩き

の便法になっています。安保などは論じるなと選挙の争点を矮小化

させることが常套手段になってます。チマチマ論に終始させ、あのシ

ナにさえ遅れをとる国になってしまいました。貧乏対策は血税を使う

ことです。どんな党でもそれなりのことは言える。税収を置き去りにし

たこういう民主主義だったら借金まみれになって必ず破綻する。

               *

10年後この国をどうしたいのかという視点は評価せず、バラマキに

点数をつけるだけならヤクザな「たかり」というものです。4年後には

温泉旅行を家族で楽しくするために、当面は我慢をするのだという

のは評価されないというこの国のルールはレベルが低い。

               *

戦後1年半にも満たない期間で内閣はかわっている。これでは官僚

の悪口を簡単には言えない。大統領制にする以外、自治労を支持

母体にする民主党がいくら官僚をやりこめるなんちゃって言っても、で

きる可能性なんてゼロに近い。その意味では1年もかけて対立政党

が国論を交わして大統領を選ぶアメリカの制度は、民主主義政治の

ありようとしては正しいのではないでしょうか。

               *

日本の場合は解散があるのでまた来年政権を選択すればよい、民

主党に一度やらせてダメだったらやり直せば良いなんて気楽なこと

が言えるわけで、根本的にはこういうところをかえないとこの国の政

治は変わらないのではと思う今日この頃です。

               *

地方分権には、朝日る狂産党のみ反対。当然でしょうよ。えぐい中

央集権強権国家をめざしている党なわけであり。

地方分権論をまだ消化しきれないところがあるけど、朝日る狂産党

が反対するなら良い方法なのかもと思い出してます。

分権をすれば狂産斜会主義国家の体をなさないわけで。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 麻生さん 首相の立場で靖国神社に参拝するべきです | トップページ | 民主党よ 今までの年金の掛け金を全部返しえちょうだい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麻生さん 首相の立場で靖国神社に参拝するべきです | トップページ | 民主党よ 今までの年金の掛け金を全部返しえちょうだい »