« おいこら民主党 朝鮮人の売春婦に血税を払うのか | トップページ | マスゴミがつくる 不確かな民主主義 »

マスゴミの程度は低い という細田幹事長に拍手です 笑

『裁判員候補者25%「行かない」  内閣府世論調査』(25日、時事

通信) 『4人に1人「義務でも不参加」=参加意向は7割超-裁判員

制度意識調査・内閣府』(25日、時事通信) ご丁寧にも同じ日に見

出しの違うものを流している。

               *

時事通信に限らず、全マスゴミの本音は裁判員制度に反対している

のではないか? 商売が上がったりになるというか、偏向報道もでき

ないという存在の希薄化制度に頭にきているらしい。

               *

4人の内3人が裁判員になることを受け入れるのであればよいこと

です。断りたいという4分の1を大々的に取り上げて、制度の全てが

悪いかのように喧伝するのはいかがなものか。

マスゴミにとってはよほど都合が悪いらしい。

               *

司法という三権分立の一つに初めて国民が参画できるわけで、素晴

らしいことです。裁判を利権の温床としている弁護士連中は、ほとん

どが反対する。今までは国が悪いと言い尽くせばよかったのだが、

国民が裁判員になることによって、ある意味その裁判に選ばれた国

民とも敵対関係になる。それが嫌なのでしょう、多分。

ええ加減なもんです。真実は一つであり、正々堂々とやればよい。

               *

裁判員になることは、国民の義務でもあり社会人としての義務です。

よりよい国(社会)をつくるには、ケネディが「国があなたのために何

ができるかではなく、あなたが国のために何ができるのか」 と問い

かけた演説こそに、民主主義社会の根源があるのだと思います。

               *

戦後左翼もマスゴミも、国のやることには何も協力することはない、貪

りつくのは「市民」の権利だとマインドコントロールをやってきた。

国イコール国民なのに、国家にも属さないことを誇りとする「反日市

民」をしこしこと増産してきたのです。

そういう連中が大手を振って、虎視眈々とこの国を乗っ取ろうとして

いる恐ろしさを今感じざるをえません。

               *

このことについては過去2~3度書いてますけど、重ねての書き込

みです。やむをえない理由のある人は裁判員になることを断ること

ができる。嫌な制度が出来た、断れ、と推奨する如く吹聴する勢力

に大いなる疑問を感じます。司法は、原告か被告にならない限り関

係がないとはいかない。

第一に憲法そのもの、刑法商法その他諸々、現代社会に則してい

るとは思えない事柄がたくさんある。裁判員に選ばれた人は、是非

とも民意を遠慮なく主張していただきたいものです。

               *

『国民程度低い?自民・細田氏が発言撤回』(24日、読売)

『細田氏はインタビュー後、「マスコミ批判をしようとしただけで、国民

を批判したわけでない。」』 マスゴミはアホバカ間抜けだとどんどん

言えば良い。(笑) 商売下手の細田さんだから本音を言ったので

しょう。国民の程度も低いと正直に思ってるのかもしれません。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« おいこら民主党 朝鮮人の売春婦に血税を払うのか | トップページ | マスゴミがつくる 不確かな民主主義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■『それが国民の程度かも』 細田幹事長すぐ撤回 首相批判にいらだち―「それがマスゴミの程度かも」というのが本当だ!!
こんにちは。昨日、細田幹事長も、麻生総理も、マスゴミが興味を惹きそうな失言をしていたと思います。マスコミも頭が悪くて、暇なものですから、こういう話題はとっつき易いので、報道しているのだと思います。しかし、私達の社会は、少し前までとは全く異なる知識社会に突入しています。こういう社会では、富の源泉は、カネではなく知識です。また、労働者のうちで量・質ともに最大の層は知識労働者です。今や政治そのものが、知識労働者に合わせたものにならなければなりません。選挙のための道具も、知識にすべきです。いまのままだと、自民党も、民主党も、次の選挙で政権を担ったとしても、過渡期の政権に終わります。そのことに早く気づいた政党などがいずれ主導権をとることになるでしょう。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009年7月26日 (日) 09時27分

>yutakarlson さんへ

コメントありがとうございます。
拝読にお伺いいたします。

投稿: 管理人 | 2009年7月27日 (月) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいこら民主党 朝鮮人の売春婦に血税を払うのか | トップページ | マスゴミがつくる 不確かな民主主義 »