« 北が三度目の核実験するなら大歓迎です | トップページ | 報道の自由 信教の自由 「自由」には悪魔も潜んでいる »

北船舶検査 麻生首相の提案を包み隠すマスゴミは許せない

『首相、貨物検査で民主に協力要請  対北朝鮮、新法整備で』

(13日、共同) 民主党のお人気とりタイトルは、「生活が第一」。なる

ほどそうですわね。国民の生活が第一だ、と政党政治家が念頭に置

くのはすごく当然の話であって、今更そう言われてもそんなのあたり

前だと思うのであります。

               *

国民向けの言葉サービスは、歴史的に与野党甲乙つけがたいもの

は確かにある。一番甘い話をたれながしたのは社会党だったが、今

や人気が消えてエイリアンのように民主党で巣食い、選挙をするた

びに消え行く社民党として生息しています。

社会党の反日思想を、今も尚かたくなに守り生業(なりわい)として

いるのがマスゴミだと思います。

               *

国民は社会党はダメよ、と選択した。なのにしつこく社会党たらんと

する守旧マスゴミあんぽんたんは、当然痛烈な非難をネットから受

ける。あたり前でしょう。

               *

パチンコおばさんの土井たか子が、「山が動いた」と言ったのは

1989年の第15回参議院選挙の時でした。大躍進でした。

90年の総選挙では、社会党の議席は136、今の民主・無所属クラ

ブで112だからけっこうたいしたものでした。

朝日る連中が有頂天になっていた頃です。北による拉致被害など

絶対ないという連中が、議席も世論も握っていたのです。

               *

なのにその後社会党が選挙をやるたびにジリ貧になり、衰退して

いった原因はどこにあるのでしょうか。村山談話に嫌気がさし、1ギ

ガのパソコンでも名機とするネット社会が産声をあげた頃から国衰

政党・国衰政治家に対して正当な批判が始まるようになった。

おバカな河野談話の自民党も当然ジリ貧。自民党を救ったのは靖

国神社にまがりなりにも参拝した小泉さんでした。

その辺の小泉さんの政治感覚はさすがにすごいと思います。

               *

政党政治家の甘い言葉に、人情として国民は左右されるのはやむ

をえません。その泣き所を突っつく才にたけているのが小沢不動産

前民主党代表です。しかし国民の心の根底に芽生えてきているの

は、こんな国で大丈夫かという不安であり義憤が出てきている。

朝鮮半島国やシナロシアにこれ以上なめられてよいのかという思い

ではないでしょうか。

               *

政党政治家が国民生活を第一に考えるのはあったり前の話で

あって、10年後の日本、20年後の日本をどうするのかというグラン

ドデザインがあるのかどうかを本来選挙で問わねばなりません。

しかしながら朝日るマスゴミが先頭に立ち、選挙の争点を矮小化し

目先の財政垂れ流し政策を強要する。

絶対に国家観を論じさせようとはしない。ごまかす。

               *

現行法では、金一家の貨物船を自衛隊は検査できません。それを

やれる法律を作ろうよと麻生さんは民主党に投げかけたわけで、実

に正しい。さて民主党はどう答えるのか。

麻生発言のことの大事さをマスゴミは包み隠しそうです。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 北が三度目の核実験するなら大歓迎です | トップページ | 報道の自由 信教の自由 「自由」には悪魔も潜んでいる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北が三度目の核実験するなら大歓迎です | トップページ | 報道の自由 信教の自由 「自由」には悪魔も潜んでいる »