« 安売りの「友愛」では何も解決しない | トップページ | ここまできたら麻生さん 保守政治家としての信念を出せ »

社説くらいは 根拠を明確にしてもらいたい

『西松事件裁判―「天の声」はここだけか』『自民党へ―堂々たる勝

負を見たい』(20日、朝日の斜説)

               *

印象的には、民主党が主張してきた国策捜査の疑いを後押ししてい

るような按配の斜説で、ほほう~と感心です。

なんじゃらほんじゃらと書きながら、『小沢氏以外の政治家側への捜

査を急ぎ、結論を出してほしい。』と言ってるのだが、検察はえこひい

きだと言い放つだけではなくて、取材力で二階経産相のことを暴けば

どうかと思うのであります。

               *

楽チン記者クラブ体質がよほどへばりついているのか、これは朝日

だけに限らず大手マスゴミの取材力のなさには感心します。

憶測話は普通の報道で常態化し、書かれた方のみ名誉や信頼に傷

がついて損だけが残ると思えることがいっぱいあります。

               *

せめて斜説くらいは、きっちりと裏を取り根拠のある証拠を列挙して、

だからこう主張すると書くのが当然の義務ではないでしょうか。

個人的にはコウタクミンにもみ手ちょねちょねとつきあいした二階さ

んのことは印象として好きではない政治家でどうでもよいのだが、

斜説に名前をあげる以上はこういう証拠があるから検察は小沢さん

と二階さんに対する処し方が違うとはっきり書けばよい。

               *

それを回りくどく表現し、さも国策捜査だという印象のみを読者の心

に植え付けるある意味サブミナル効果を狙ったと思える斜説を書く

のはいかがなものか。

               *

仮に総選挙が終った後に小沢秘書のことが結審して、国策捜査で

はなかったことが判明した時、鳩山さんも民主党も朝日新聞もどん

な責任の取り方をするのか確認したい。幅広く国民に捜査の疑念を

抱かせた責任はどうとるのでしょう。もし国策捜査だったことが明ら

かになれば、日本国解体です。法治国家ではなくなる。

               *

郵便不正疑惑にからんでいる民主党議員の噂話、郵政利権を守る

ためにどこまで行っても反対だとやってる議員もいっぱいいる。

選挙が終るまで明らかにしないという不文律があるなら、はなはだ

おかしい。捜査側にもマスゴミにも言える。

何のための捜査権であり、何のためのジャーナリストでしょう。

自らのイデオロギーに準じて、次なる国家実現のための国策報道は

やめてもらいた。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 安売りの「友愛」では何も解決しない | トップページ | ここまできたら麻生さん 保守政治家としての信念を出せ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安売りの「友愛」では何も解決しない | トップページ | ここまできたら麻生さん 保守政治家としての信念を出せ »