« 民主主義国家なのに 口封じをしたがる朝日の社説 | トップページ | 木を見てほじくりかえし 森を見ない朝日る目線 »

まず 殺人事件の時効は撤廃すべきです

4歳女児が殺害された足利事件の再審が決定的になり、菅家利和

さん(62)は釈放されました。逮捕から17年半、何と長いことか。

警察の自白の強要が問題になってます。DNA鑑定で投獄され、そし

てDNA鑑定で冤罪が晴らされることになった。何という数奇な運命

でしょう、と感心してる場合では勿論ないわけでお気の毒です。

               *

血も涙もない悪事をやっても白を切る人間がたくさんいれば、な~ん

にもやってないのに要求された自白をしてしまう人もいる。

人間の業は本当に厳しいなと思います。

               *

菅谷さんは釈放後の会見で、「時効があってはいけない、許されな

い」と述べられました。非常に重みがある。

真犯人は、無実の菅谷さんが獄中で過ごすのを横目で見ながら、

大空の下で過ごして来たことになる。そして時効が過ぎ、今もしわ

かっても逮捕もされず罪を償うこともありません。

               *

マスゴミ報道は、冤罪を負わせた警察権力の悪行を責めることのみ

に集中しています。それはそれとして、時効の問題点を問う内容は

少ない。正義不正義の追求をある時点でおしまいにしてよいのか

どうか、善良な心を呼び起こして検討する必要があると思います。

               *

取調べにおいてビデオ撮影の導入には賛成です。理に適った捜査

がなされるべきであり、密室での自白の強要は許されるものではあ

りません。人間は弱い。強要されればしおれる人もいる。

それを悪用する権力はもっとも許せない。証拠がなければ疑わしき

ものは罰せず、は民主主義の原点です。

憶測で名誉を傷つけて陥れる、数多いそんな朝日る偏向イデオロギ

ー報道も許すことはできない。報道権力を悪用するそういう卑怯な報

道にも時効はない。

               *

今のDNA鑑定に照らして昔のDNA鑑定に欠点があれば、洗いな

おす責任は国家にあります。少しでも疑わしいものがあれば、徹底

して再鑑定するべきです。気の毒な菅谷さんを冤罪から解放したの

は今のDNA鑑定の能力になる。となれば逆も真なりで、迷宮入りの

事件も最新の鑑定で真犯人を追い込むことも可能になったことにも

なります。

               *

殺人事件の時効は撤廃すべきではありませんか。時効は、ある一

定の期間を区切って大いに反省しただろうという意味が含まれて

いて、反省していなかったら時効に何の価値があるのでしょうか。

被害者の気持ちをさておいて、時は罪を洗い流すのだと押し付ける

のはいかがなものか。どっかの創価学会員であった用務員が、気に

食わないという理由で女性教師を殺して家の床の下に埋めていた

事件がありました。で、おいらは時効を獲得したと威張っているの

がいる。

               *

詐欺罪にも時効がある。飲み屋のツケも1年間請求がなければ払わ

なくてもよい。人情から考えて、逃げ得を許す法律など何の意味があ

るのでしょう。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 民主主義国家なのに 口封じをしたがる朝日の社説 | トップページ | 木を見てほじくりかえし 森を見ない朝日る目線 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

菅家氏も気の毒ですが、警察の拷問もあったかもしれませんが、半ば諦めて自白した本人にも責はあるのではないのでしょうか。
他人に罪が被ったことを良いことに、悠々と暮らしている真犯人に負けずに、最後まで否定して欲しかったです。
一番の罪人はもちろん真犯人ですが、それよりも、今、一番辛く、やりきれない気持ちなのは被害者と被害者のご遺族だと思います。
冤罪?釈放?は?真犯人は?あの子の命は一体なんだったの?
人の命に年齢は関係ありませんが、4歳くらいの子供が居る親なら分かるはずです。

投稿: 僕はノンポリ | 2009年6月 8日 (月) 11時05分

>僕はノンポリ さんへ

確かに、被害者遺族の心痛を思うと
日本版FBIを創設して、迷宮入り
をさせない仕組みも必要だと思います。

県単位の警察組織もいかがなものかと。
栃木、茨城では幼児殺害事件がどうも
多そうなイメージが。

投稿: 管理人 | 2009年6月 8日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主主義国家なのに 口封じをしたがる朝日の社説 | トップページ | 木を見てほじくりかえし 森を見ない朝日る目線 »