« 鳩山代表の博愛とはいかがなものなのでしょう | トップページ | 鳩山・岡田の話には拉致の「ら」の字も出てこない »

ヨルリン・ウリ党とどこか似てそな民主党

最初に弁解だけはしておきたいのですが、人の不幸を喜ぶ趣味はも

ちあわせていないつもりです。と言いつつも自分のレベルが低いん

でしょうけど、ふふんと思うニュースが二つばかり。

               *

『朝日新聞「ボーナス40%減」 業界に衝撃が走る』

(23日、J-CASTニュース) そもそもが売国反日報道を稼業にする

左巻きの朝日なのに、ボーナス減に組合側は大反発ですと。

朝日の組合はどんな組合なのでしょう。

               *

『組合側は「受け入れられない。経営責任を明確にせよ」と大反発、

交渉は難航しそうだ。』 経営責任は、戦後ず~と朝日る報道をして

きたからです。英霊の尊厳を踏みにじり、シナにたましいを売り、朝

鮮半島にたましいを売り、日本国衰退活動にいそしんでこられた。

               *

広告収入が減り、営業利益が激減。原因は単純明快。

要するに社会的なニーズがないからです。『朝日新聞100億円赤字

に転落 広告大幅落ち込み、部数も減少』

(08年11月21日、J-CAST) 『ボーナス2~3割カットに不満 TBS労

組が全面スト突入』(09年3月16日) 

問題報道の多いTBSもぶっつぶれた方がよい。

               *

総じて既成マスゴミの経営はNHK以外昨今厳しくなってきた。

ぬくぬくとした報道利権に半世紀以上も安住できたなんて恵まれす

ぎてます。リストラやコストダウンの辛酸をなめてきたマスゴミ以外の

他業種の人々が、日本の経済を支えてきたのです。

朝日や毎日がつぶれても日本経済にとってどうってことはないけど、

トヨタが倒産したら大事です。

ニーズがなければ広告が減り新聞が売れないという市場経済の現

実を、大手マスゴミ屋連中にしみじみとかみしめてもらいたい。

               *

それにしてもある意味税金盗人のNHKをどげんかせんといかんと

思います。

               *

北鮮には太陽政策、日本には北風政策をやってご満悦だった

ノ・ムヒョンが、人生つまるところ崖から身投げされたとか。

6億円あまりの賄賂を受け取っていたという疑惑が深まり、恥ずかし

くて耐え切れなかったのでしょう。

支持率を維持するために、反日ネタを上手にもてあそんだ。

人や他国に迷惑をかければ、結末はロクなものではない。

               *

ノ・ムヒョンをささえたのは北鮮の工作政党かいなと思える

ヨルリン・ウリ党。我が国の民主党とよく似ている気がします。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 鳩山代表の博愛とはいかがなものなのでしょう | トップページ | 鳩山・岡田の話には拉致の「ら」の字も出てこない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩山代表の博愛とはいかがなものなのでしょう | トップページ | 鳩山・岡田の話には拉致の「ら」の字も出てこない »