« メディア・マスゴミの大罪 | トップページ | 裁判員制度スタート »

働かざる者食うべからず ですと

原油の先物が60ドルの線をこえてきました。またぞろ厄介な失敗を

繰りかえさなければよいのですが、無理でしょうね。ちょっと前に歩

いたサブプライムローンの道にもどるのかいなというところです。

               *

ダウがやや持ち直し、心持ち余裕が出来た資金がうごめき出して

ます。中東の産油国が楽になれば、その金はアメリカにも還元してく

るわけでありオバマちゃんにとっては悪い話ではない。

投資家の恐怖心理を現すシカゴ・オプション取引所が作り出した

VIX指数は、数日前に30を切った。不安が高いほどこの指数は高く

なります。ということは現状を安全パイと思っている投資家が増えた

ことになります。昨年の9月に30をこし、11月にはVIX指数は80に

暴上げでした。その9月の時点で手仕舞いした連中はそれなりにい

るわけであり、カラ売りに転じた連中は相応にいる。

               *

1~3月期のGDPは年率15.2%の戦後最大のマイナスだったと本

日内閣府が発表したのですが、日経平均は54円35銭の値上

がり。(笑) 株価は前々からそうなんだろうと思っていたんだよん、と

いうことで動じなかった。投資家心理を考えるとそこそこの小説より

ははるかに面白い。

               *

「働かざる者食うべからず」。聖書以外でこの言葉で有名になった

のは、朝日る左巻きの教祖・宗匠・総家に勘定されるレーニンさん

でした。「革命」なんて言葉は、人殺しを正当化するまやかしでもあ

ります。過去一切の世界の左巻きの所業はそうでした。

どれだけ数多くの民を殺してきたことか。左巻き国家の権力者は、

オームの麻原と同じで絶対的な存在になりたがる。

               *

日刊ベリタという左巻きご愛用のサイトがありますが、たまに見ても

取り上げてる内容はべったら漬けの如く相も変わらずです。

貧乏人を釣り上げるような話ばかりで、未来がない。

こんなのを毎日熱心に見てる人は、自殺したくなるだろうと思ったり

します。

               *

一見困窮者に優しいそぶりを見せてごまかすのだが、もし日本が狂

産斜会主義体制になったら、勧誘してきた連中が豹変して金正日の

ようなのがたくさん誕生することでしょう。でもって、「働かざる者食う

べからず」と大衆・市民をこきつかうことになる。

その危惧は大有り。

               *

自由な社会や議会制民主主義を守るにも、「働かざる者食うべから

ず」は大事な理念ではないかと実は思う次第です。キーボードを打

つだけで、資源を買占めてボロ儲けする風潮をのさばらせてはい

けない。行き過ぎにブレーキをかける人類の良識がいる。

地球温暖化も大事、同等以上にこっちも大事です。

               *

珍奇にも戦後間もない頃の左翼は、「人はパンのみにて生くるにあ

らず」とか「働かざる者食うべからず」を多用したとのこと。

戦後の貧困貧乏から抜け出そうという励ましの意味も込められてい

たと言います。左右誰もかれもがよく頑張った。

今現在の左巻きはどうでしょうか。「蟹工船」を読んだ貧乏人は全員

集まれとやっているのだが、励ましという自助努力が伺えない。

戦後間近い頃の左翼のように、国民として自活できるボトムアップを

させる努力をやっていないのではないか。まじに。

努力をしても本当に困ってる人にはどんどん税金を使えばよい。

ならば誰ももんくは言わない、言えない。

               *

自治労・官公労・連合・日教組は親方日の丸のブルジョアであり、貧

乏をネタに反日に明け暮れる朝日る商道はまさにチンドン屋であ

ります。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« メディア・マスゴミの大罪 | トップページ | 裁判員制度スタート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メディア・マスゴミの大罪 | トップページ | 裁判員制度スタート »