« 今度はスケートでもんくたれたれの朝鮮半島人 | トップページ | 報道は公器と 自画自賛するやましさ »

シナ・ロシアには核軍縮を要望しない 朝日る見識

『北ミサイルで「冷静対応を」=中国国防相、日本にも懸念』

(3月21日、時事通信) シナの梁光烈国防相さんは、北のテポドン

を 『日本などが淡々と受け止め、冷静な対応を取ったほうが良い』

とお述べになった。我慢せんかいとおっしゃっている。

もし仮にシナが日本の立場だったらどうするんでしょうか。

黙ってはいまい。

               *

『「大国で空母を持たないのは中国だけ」とし、中国国防相として

初めて、空母保有が必要との認識を表明した。』 もし仮に大国で空

母を持たないのは日本だけだと言ったら、シナはいかなる態度をとる

のでしょうか。我がさえよけりゃ全て良し、というシナのごうがん不遜

な腹の底がすけて見える。

               *

今日の朝日の斜説は、『日本と核軍縮―オバマ時代が勝負どき

だ』 でした。大体この見出しが気に食わない。核を持ってない日本

と核軍縮とは何の関係があるんだか。唯一の被爆国だからという乞

食的甘えを前面に押し出しても、核保有国からすれば屁のかっぱ。

軍事的に有利な条件を放棄するわけがない。

『米国とロシアは合わせて約1万発の核を持つといわれる。双方とも

一刻も早く1千発以下にし』 と書いているのだが、千発以下と大

ざっぱなご意見はええ加減。1発でさえ地球上からなくならない限り

軍拡は起こる。

               *

唯一の被爆国である日本がお願いするのだから、安保理五大国の

皆様方よ核を廃絶してくださいと言ったって廃棄するとは考えられ

ない。不可能です。なんでオバマ時代が勝負どきなんですか、あほら

しくてあほらしくて。第一、アメリカだけに核軍縮をお願いするのは大

きな間違い。

               *

どうして、シナにも核軍縮を要求しろと朝日は言わない。ロシアにも

核軍縮を要求しろと言わないのか。おかしな論理ですよ、全く。

テロ朝の報ステから消えた朝日る解説者の加藤千洋さんは、在シ

ナ記者の時にシナ政府に日本の首相が靖国に参拝するのはおかし

いとクレームをつけろとシナ政府に忠言したというのがもっぱらの話。

さもアリラン。

               *

当事のシナは、日本の報道機関を排除した中、唯一朝日新聞のみ

駐在を許された。靖国を売ったごほうびを頂戴したのではないか。

『「非核の日本」という看板は、強力なソフトパワーだ。』 とも書いて

いるのだが、『大国で空母を持たないのは中国だけ』 と堂々とほざく

シナの軍拡をおさえ切れるのか。普通の人間が普通に考えて、現実

的にありえない朝日る妄想空想であります。全然心もとないそんな

空念仏を信じて、日本列島がシナの核攻撃で沈没するのを座して見

るあほんだらはいない。ボケ。

               *

オバマちゃん政権の人気は急落中。『オバマ政権の政策を支持する

回答率は59%にとどまる半面、不支持は40%に達した。』

(3月16日、日経) いつも朝日る反米連中が、オバマちゃん政権の

人気が急落している事実を全く報じない。

               *

オバマちゃん政権の日米同盟の扱いは軽く、テポドン発射に対し

て、シナ・ロシア同様に国連で非難しないこともありえる。

日米同盟が頼りなくなったら、残る道は一つ。単独でも磐石に防衛で

きる国にする以外にない。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 今度はスケートでもんくたれたれの朝鮮半島人 | トップページ | 報道は公器と 自画自賛するやましさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度はスケートでもんくたれたれの朝鮮半島人 | トップページ | 報道は公器と 自画自賛するやましさ »