« 日教組はアサヒる日本のタリバン | トップページ | 朝日るエロ教員 お人形を使う »

西松問題は 神風のそよ風

『「済州島を買っちまえ」?=民主・小沢氏発言、前連合会長が明

かす』(3月11日、時事通信) 自民の幹事長だった時には北方四

島を買っちまえ、拉致被害者も金で助けたらどうだ、今度は済州島

ですか。

               *

朝鮮半島国とは国交断絶を希望しているので、済州島を買うなんて

論外に思う。この小沢発言を冷静に考えると、対馬の土地を南鮮の

連中が買い占めていることを前連合会長の笹森が投げかけた時

に、小沢さんは反射的にそう言ったのでしょう、多分。

               *

あっちがやるならこっちもやっちゃれ。善意を込めてそういうお気持

ちだったのではないかと想像します。となると、下世話な飲み会のや

りとりであっても、意図は悪くはない。普通の日本人が飲み屋で話題

が出ると、小沢さんと同じようなことを言う人が多いのではないか。

なめられたらいかんぜよという意味を込めて。

               *

注目すべきは、どうしてこんな記事が出たのかということです。

連合の笹森が、またその周辺がチクらなければ記事にもならない

わけで、小沢さんを裏切ったことになる。

ましてや西松建設の問題でてんやわんやのこの時にこういうカマシ

が出るということは、連合は小沢さんに見切りをつけた現われなの

ではないでしょうか。連合による小沢リストラ、さもありなん。

               *

もっとも懸念していたのは、小沢という衣を被って政権を握ると、

矢継ぎ早に日本衰退法案を通し、挙句の果てに小沢を首切り、その

後真打登場で旧社会党のエイリアンが民主党の実権を握るという悪

夢でした。ありげな脚本にそって、朝日や毎日などのマスゴミは、特

に数年前から励んできた。

               *

それにしても今週の週刊朝日の見出しがすごい。

『検察内部にこそ異常が生じていたのではないか』田原総一朗

『不可解な“微罪”での強制捜査 検察は違法性を立証できるのか』

元検事 郷原信郎 『シロをクロに変えてきた検察の恐るべき「暗黒

史」』青木理 面白いのは

『「国策捜査」でも小沢さんがそれを言っちゃおしめーだろ』堀江貴文

               *

自民党見返し選挙ゲームに、政治家として最後の心血を注いだ小沢

さんだろうが、いずれは権力を握った真打左翼から足元をすくわれ

る運命にあった。想像だけどかなり高い確率でありそな。

虎の衣を借りた左巻きに権力を握られてはたまらない。

選挙前に出た西松献金問題は、神風のそよ風が吹いたと言える。

勿論今日の書き込みは想像ながら・・・。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 日教組はアサヒる日本のタリバン | トップページ | 朝日るエロ教員 お人形を使う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日教組はアサヒる日本のタリバン | トップページ | 朝日るエロ教員 お人形を使う »