« 映画「めぐみ」を評価できなかった業界の本質 | トップページ | アサヒる左巻き 頭隠して尻隠さず »

朝日の根深いプロパガンダ

昨日(15日)の朝日の斜説は、『米国の新外交―「力」から「賢さ」

への転換』『男女共同参画―身近な拠点を生かさねば』でした。

               *

まずオバマちゃんの話し合い外交に賛辞を送り、国務長官に就任す

るヒラリー・クリントンさんのお話である「「米国だけでは難題を解決で

きないし、世界も米国抜きでは解決できない。」を評価している。

               *

『仲間を増やし、敵を少なくして目的を果たそうという戦略だ。国連

をもっと活用する。』 さもオバマちゃんから直接話を聞いたような

書きっぷり。朝日的都合解釈を読者にこすりつける毎度の手法

なのだが、要点は「世界も米国抜きでは解決できない」と喋ったヒ

ラリーさんのこの言葉でしょう。

「米国だけでは難題を解決できないし」のみを祭り上げて、アメリカ

は我々の意見を聞くようになったとアサヒるぼんくらが自讃している

わけで、間抜けとしか言いようがない。

               *

ブッシュ政権の時のように世界のことにあまり首は突っ込まないけ

ど、アメリカ抜きではあんたら何もできないのではないかい?とヒラ

リーさんは言ってるのであります。

               *

『日米同盟を「アジア太平洋の平和と安定の礎石」と位置づけ、中

国には「国際社会の全面的で責任ある参加者」になるよう呼びか

けた。』とヒラリーさんのこの言葉も斜説に引用している。

でもって、『新政権が日本重視か、中国傾斜かという、ありがちな議

論には意味がない。』 へ~、そうなんですか。日米同盟を重視する

のはけっこうなことではないのですか。

               *

『この地域、そしてグローバルな課題に日米基軸で中国をどう巻き

込み、協力していくか。その構想を持ってこそ健全な同盟関係が

築かれる。』 シナ抜きの日米同盟だと意味がないと断定して斜説を

結んでいる。 シナと敵対する日米同盟はだめよという意味になり、

さすがに屈中プロパガンダ新聞の朝日さまであります。

よくまぁこんな新聞社が日本人から購読料を集金してますよ。

シナで発行したらシナ人が喜びそうな記事ばかりなので、ええ商売

になるのではないでしょうか。おすすめします。

               *

『大江健三郎作品に最優秀賞  中国の外国小説』

(1月16日、共同) 06年9月に大江は南京大虐殺記念館を訪れ、反

日プロパガンダ展示物に100回以上も米つきバッタのようにぺこぺこ

と頭を下げたという話は有名です。アサヒる日本人を代表してぺこぽ

こしたのなら日本人全体にとって迷惑です。

国益につながらないことには舌も出さないシナであり、この最優秀賞

も対日工作の一環だと思います。

               *

さて朝日の斜説にもどりますが、『男女共同参画・・』のことをこのタイ

ミングで書くのにも呆れました。就職難が顕著になり、早期結婚願

望の若い女性が増えているそうです。不幸中の幸いかもです。

男女共同参画社会基本法が通過したのはH11年6月です。

のび太福田のあんぽんたんが、えらく熱心でした。キャリアウーマン

を推奨して、少子化傾向にとどめを刺した法案です。

               *

ホストクラブは大流行。これもジェンダフリー効果なのでしょう。そもそ

も憲法の基本的人権には男女の区別はありません。

この法案成立以降、過剰人権法案が続々と目白押し。民主党政権

になると、クラスター爆弾のように色々な人権屋法案が爆発しそう

です。朝日の工作は誠に根深い。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 映画「めぐみ」を評価できなかった業界の本質 | トップページ | アサヒる左巻き 頭隠して尻隠さず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「めぐみ」を評価できなかった業界の本質 | トップページ | アサヒる左巻き 頭隠して尻隠さず »