« 朝日の根深いプロパガンダ | トップページ | 全共闘世代は もう老醜をさらけ出す時代ではない »

アサヒる左巻き 頭隠して尻隠さず

『よど号:メンバー家族の最後の子、帰国へ』(1月10日、共同)

こそっと報じられたような印象です。アサヒるマスゴミは、ほとんど

スルー。共同通信は北鮮に気に入られて、我が国のメディアのなか

では唯一ピョンヤンに支局の開設を認められている。あんな国なわ

けで、ギブアンドテイクの関係なのでしょう。

               *

拉致被害者のほとんどは帰れないのに、連合赤軍よど号乗っ取り

犯の家族はこれで全員帰国することになりました。

残るはテロ実行犯の4人と、日本人拉致に関与した疑いの濃いそれ

らの嫁2人、計6人になる。連中は日本に帰りたいと泣きついている

とも報じられている。あれだけの犯罪をやらかせて、自信満々に国を

捨てて希望通りの北鮮に行ったのだから、今更帰国したいだのなん

たらかんたらはないでしょうよ。人間なら。恥を知れと言いたい。

               *

さてさて、沖縄選出の民主党参議院議員の喜納昌吉は、よど号乗っ

取り犯全員を帰国させるために奔走している。拉致被害者を増やす

ことに加担したかの連中のためにしこしことやりながら、拉致被害者

奪還運動には全然無視であります。

正義でも人道上でも誠にけったいな人物ではありませんか。

普通に考えて。

こんなヤツが民主党の議員さん。民主党が権力を握ったら我が国は

どうなってしまうのでしょうか。

               *

喜納昌吉は「ハイサイおじさん」というのあの歌の作曲家でもありま

す。このお人の脳内構造もハイサイおじさんなのでしょう。

2000年の時の北鮮大水害の時には、復興のお手伝いに渡ったと

か。そうですか。

               *

復興といえば、14年前の本日、1月17日に阪神淡路大震災が発生

しました。哀切を心にとどめながらも、被害にあった街町は立派に復

興しました。正確にはまだ復興の途上にあるのかもしれません。

6434人が犠牲になった。911テロによる世界貿易センターの犠牲

者は2749人と言われています。

阪神淡路大震災は、いかに大災害であったのか。

               *

多くのブログやHPで今も語り継がれていますが、震災発生後の国

及び県の無様な対応ぶりは本当に心残りです。当時はアサヒる村

山政権でした。『村山富市内閣総理大臣には地震の一報がかなり

早い時点で入ったものの、(途中抜粋)村山首相は懸案となってい

た新党結成問題への対応や財界首脳との食事会など、予定通りの

公務をこなす傍ら災害対応を行ったため、十分な対応を行わなかっ

たのではないかという疑念を生んだ。』  とウィキぺディアでは書か

れています。

疑念を生んだどころではない、十分な対応を行わなかったのです。

               *

当時の兵庫県知事であった貝原俊民は、自衛隊への災害派遣要請

を逡巡したのです。今も無責任だったと糾弾する声は大きい。

当然でしょう。そんでもってこのお人は、2007年4月29日、旭日大綬

章を受けている。けったいな按配ではありませんか。

村山元首相にも知事にも、人事を尽くして天命を待つベストな救助即

応をしてもらいたかったと、6434人の犠牲者は天国でそう思ってい

るのではないでしょうか。アサヒる思考の連中が実験を握ったらロク

なことがない。

               *

西宮に知人が住んでいたので、数日後でしたが慰問に行きました。

幸いにも阪急電車は西宮北口まで震災後も動いていた。

梅田駅では、リュックを背負った若者でいっぱい。彼らは西宮北口か

ら徒歩で神戸の灘区や東灘区に向かって行ったのです。

そのほとんどの皆さんはボランティアだった。イザとなった時の日本

人の底力を知った次第。心温まる思い出として今も残っています。

               *

『何がこの国の雇用を動かしているか 派遣村「美談のウラ」「怪し

き人々」』 と最近の週刊ポストが書いています。

「4300万のカンパを集めて、3000万が浮く」とのこと。

便利屋あうんの代表=湯浅誠という派遣村村長さんは、この記事に

よると左巻き商売がお上手らしい。

『修学旅行気分?「派遣村ご一行様」観光バス旅館転々…』

(1月15日、ZAKZAK) という記事も見受けられる。

まっことあほらしい。

               *

左巻きのこれらの所業は、頭隠して尻隠さず、まさに

「天網(てんもう)恢恢(かいかい)疎(そ)にして漏らさず」

ボロが出る。

               ☆

         クリックをお願いします。(^^)/

         人気ブログランキングへ

|

« 朝日の根深いプロパガンダ | トップページ | 全共闘世代は もう老醜をさらけ出す時代ではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝日の根深いプロパガンダ | トップページ | 全共闘世代は もう老醜をさらけ出す時代ではない »